↑1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします!

常闇の聖戦 9月29日

レグナード  1
ダークキング 3

メイヴ    2

 

考えてみたシリーズ

ジュレットとという町

更新日:

 

リアル(現実世界)とヴァーチャル(アストルティア界)の狭間の世界、ジュレット。

 

スポンサーリンク


 

あなたはジュレットの町(サーバー1)と聞くと、どうイメージするだろうか。

 

白チャットが凄いことになっている。

 

おじが魚を釣っている。おじがおじを釣っている。

 

もはやおじしかいないのではないだろうか。

 

そう思っている人もいるかもしれない。

 

いつの時代もネガティブなイメージというのは先行をするものだ。

 

一見なく誇張した口話が伝達する。そして新たな神話が生まれるのだ。

 

私はジュレットの町が好きだ。

 

寂しい時に足を運ぶ。そうするとどうだろう。

 

たくさんの人が自身の思いを表現している。

 

まるで、常の中では満たされない感情を、自身の中にある抑圧された本質を、さらけ出すかのように。

 

時に白チャットで。時にしぐさで。時にサブキャラクターを作成してまで。

 

そう感じたとき私はこう思い、安堵するのだ。

 

ああ、自分だけではない。他の人も私と同じように日常の中では完結をしない、感情のやり場がドラクエにあるのだろう。と。

 

自身のことでいえば、寂しいという感情から生まれる欲求をドラクエで補完している。

 

知らない土地で生き、知る人もいない中、ここでは容易に人と繋がりを持つことが出来る。

 

もはやたかがゲームではない。今この時点においては人生を彩る一つのツールであるのだ。

 

ジュレットの町に集まる人々は、相手を知ることを好む傾向があるように感じる。

 

ゆえに協調と対立の機会が多い。協調は出会いを生み、対立は争いを生む。

 

この部分だけ切り取って見れば、異質に感じるかもしれないが、それぞれの人の背景を知れば、それが必然的に起こりうることと理解できるのではないだろうか。

 

誇張して取り上げる程、不可思議なことではないと私は考える。

 

ここで、私のジュレットでの遊び方を紹介したい。

①グラサン仲間と会話をする

14
 

②友人とダンシングをする

15

 

③寝たふりをして白チャを聞く

16

 

④喧噪から離れ、無心になる

17

 

今もし、あなたがなにか辛いことがあるならば、ジュレット1でその想いをさらけ出してはいかがだろうか。

 

-考えてみたシリーズ

Copyright© ルシ・~・のドラクエ10攻略日和 , 2018 All Rights Reserved.